ブロックチェーンコラム

Facebookが発行するLibra(リブラ)の特徴と今後の構想とは?

投稿日:

Facebookは全世界で最も使われているSNSでユーザー数は約24億人(2019年時点)となり、Instagramは10億人を突破、WhatsAPPは15億人を突破するなど、世界でも圧倒的に多くのユーザーに使われています。

そのFacebookが仮想通貨(暗号資産)のステーブルコインを発行することになりました。(関連記事:ステーブルコインの仮想通貨「全一覧」)
Facebookが発行するステーブルコインは、Libra(リブラ)という名称です。

Facebookがステーブルコインを発行する目的や、その特徴、今後の構想について考えていきます。

 

Facebookがステーブルコインを発行する目的

Facebookは2018年の春頃からLibraの開発を開始し、この開発にあたり10億ドル(約1,000億円)の資金調達を目指して、Visa(ビザ)やマスターカードなどペイメントプロバイダに話を持ちかけていたとされています。

Facebookは、2019年のf8で「プライバシーの重要性」、「グループの繋がり」を重視していく方針を示しました。それに合わせてこれまでのSNSよりも、メッセンジャーサービスを軸にしていく流れになると示唆しました。

FacebookがLibraを発行することで、決済や金融を中心とした新しい経済圏ができると思います。
今までは通貨を発行できるのは、国家だけでした。国家が発行する通貨を信頼できるのは、全員が安心できると信じて疑わない共同幻想によって成り立っていましたが、民間の企業がこれをできるようになってしまうと、国家としては良く思わないはずです。

 

Libraの特徴

Libraはアメリカの米ドルにペグ(連動)したステーブルコインを発行すると思われます。

また、Libra projectへ参画するのはfacebook、Visa、MasterCard、ebay、uber、lyft、paypal、stripe、spotify、vodafone、coinbaseなどの他、Union Square Ventures、Ribbit Capital、THRIVE CAPITALといったベンチャーキャピタルが含まれています。

Libraの特徴と今後の構想を予想

Libraはどんなことをしていくのかを考えていくと下記の6つが考えられますが、詳細はホワイトペーパーのリリースを待ちましょう。

 

・決済:ユーザー間での通貨を送金できます。
・ショッピング:FacebookやInstagramで表示されたフィードを通して、Libraを使って商品を購入できるようになります。
・ユーザー収益:ユーザーはFacebookやInstagramで広告見る度にLibraをもらえるようになります。
・インフルエンサーの収益:インフルエンサーは、いいねをもらうとLibraをもらうか、Libraでの投げ銭をもらうことにより収益を得るようになります。
・広告出稿:広告主が広告を出す際は、Libraを使って出稿を行います。
・新たな金融サービス:保険や融資などのサービスを提供する可能性があります。

 

Twitterでのクチコミ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブロックチェーンコラム
-,

Copyright© ICOポスト , 2019 All Rights Reserved.