ブロックチェーンコラム

ブロックチェーンのユースケースはどこにあるのか?【#01 Metaps Global Crypto Conference 2018】

投稿日:2018年9月27日 更新日:

2018年9月27日に行われた『Metaps Global Crypto Conference 2018』に参加してきました。

会場には約200名が参加され、冷え込んで来た仮想通貨界隈でありながらもブロックチェーンの本格的な立ち上がりに向けて注目度の高さが伺えました。

メタップスさんはアプリマーケティングでアジアを中心としたグローバル展開をしましたが、そのままクリプトの世界でさらにスケールを拡大されており、すでに打っている打ち手や人材層の厚さにも驚きました。

 

タイトル:「ブロックチェーンのユースケースはどこにあるのか?」
登壇:Seungyeon Kim氏 (Metaps+ CEO)

 

・ICOのクリプトユースケース
韓国のメタップスプラスでは、上場企業として初めてのICOを行った。

ICOを行う上ではチーム、ホワイトペーパー、プロジェクトプランニング、法律、規制、税金と会計、マーケティング・コミュニティなど複雑なプロセスがあるため、様々な課題を解決するためのICOコンサルティングを行っている。
コインセール、プラットフォームに関するアドバイスを行う。

 

・クリプトアセット(暗号資産)には、7つの異なるタイプがある。

「仮想通貨」「ユーティリティトークン」「ナチュラル・アセット・トークン」「クリプト・フィアット通貨、ステーブルコイン」「プラットフォーム」「セキュリティトークン」「クリプト・コレクティブル」が存在している。

 

・セキュリティトークンは会社の利益などをトークン化する。
次の波はセキュリティトークンにあると思う。
あとはステーブルコインにも可能性があると考えている。

 

・今日はクリプトコレクティブルにフォーカスを当てる。
クリプトコレクティブルではERC721が広く使われている。
イーサリアムのプラットフォームはまだまだ初期段階にあり、先々に日々の生活を変えるようなプロジェクトが生まれる。様々なユースケースを知っておくべき。

 

◇ユースケース

メタップスではDAppsのゲームである『DIGSTAR』を立ちあげた。
仮想通貨やデジタルアイテムを使って取引をする。 ゲームは楽しいものでなければならない。
元々の概念はマイニングにある。その概念はキャラクターにある。キャラクターを育てることがマイニングになる
トレーディングプラットフォームを使うことで取引できる。
ゲームを仮想通貨への入り口にしたいと思っている。
気をつけなければならないのは、100%セントライズされていない。一部を中央集権化されている状態にしている。
所有権をユーザー側に与えている。個人に資産を持ってもらう。

・イーサリアムのトークン規格であるERC721のデジタルアイテムの交換プラットフォーム『TEMX』を開発している。(関連記:イーサリアムのERCトークンの種類一覧)

ゲームアイテムという資産を交換できる。最初の立ち上がりはゲームがコアになると思う。 10-11月にローンチされる予定。

・セレスが運営する『くりぷ豚』がローンチパートナー。

もう1つは、韓国の『Petcraft』がローンチパートナーになる。

 

#1は以上です。#2の中国におけるブロックチェーン業界の実情に続きます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブロックチェーンコラム
-, , ,

Copyright© ICOポスト , 2018 All Rights Reserved.