ブロックチェーンコラム

Terra(テラ)とは? 特徴や今後の将来性について

投稿日:

大量採用のために設計された価格安定性のある暗号化方式で、次世代の分散型アプリケーションのための金融基盤を構築しています。
Alipayのブロックチェーン版、Payaplのブロックチェーン版などとも言われています。

Terraの概要

分散型のステーブルコイン

現在の仮想通貨の価格はボラティリティが大きいことが障壁となっていますが、新しいグローバル通貨になるための分散型のステーブルコインがTerraです。

 

 

ロードマップの明確性

会計時に使用することができない通貨では役に立ちません。
Terraでは、商取引プラットフォームの協力な提携により、年間取引量が150億ドル、顧客数は3,000万人になります。Terraは巨大な規模の交換の媒体になろうとしています。

財政難のために

これまでの長い期間、金融機関は顧客を犠牲にしてイノベーションを無視してきました。Terraでは金融商品の設計スペースを拡大し、保険・インフラや国境のない国際銀行のためのあらゆるソリューションを提供する予定です。
通貨以外にも、Terraは破壊的な財務のDAppsのオープンプラットフォームとなり、ブロックチェーン経済の実質GDPを伸ばします。

Terraプロトコルの特徴

Terraはアルゴリズムを拡張して供給を縮小することで価格安定性を確保するお金のプロトコルです。Terraの安定性準備は、他の通貨が暴露されている投機的、及び規制上のリスクからそれを保護して、支払い能力を分散的に保証します。

Terraは、Terraネットワークで収集された取引手数料からその価値を引き出す分散資産であるLUNAの支援を受けています。
月が地球の回転を安定させるように、LUNAはTerraの永遠の安定の保護者になっています。

Terraでのチェックアウト(決済)

Terraではアライアンスにより仮想通貨で食料品を購入できるようにします。
これによって取引手数料の削減、魅力的なオファー、シームレスな支払い経験を楽しむことができます。これらはTerraPayというサービスで提供される予定。
提携しているのは、Qoo10やTMONなどといった韓国のショッピングモールが多いです。

 

その他には、TerraXという次世代の決済ネットワークのサービスを作ろうとしています。

AlibabaのAlipay、Antfinancialのサービスは相当、意識をしているようでAlipayを参考にして戦略ステップを立てているようです。

 

Terraのチーム

Daniel Shin氏がCEOです。Daniel氏は韓国で35億ドルの流通総額のEコマースプラットフォームであるTicketMonsterの創業者で元CEOです。
これらの経験を活かして韓国で複数のチェーンなどとの提携を行っていると思われます。

Terraの投資家

Terraは2018年8月にシードラウンドでBinance Labs、Huobi Capital,OKEX,MONEXグループなどの仮想通貨取引所や、POLYCHAIN CAPITAl,FBG CAPITAL,#HASHED,Kenetic,arrington XRP CAPITALなど合計で20社から$32,000,000の資金を調達しています。

Terraの今後の将来性

プロダクトの方向性としてはステーブルコイン、決済、金融プラットフォームの3つの軸にして消費者と店舗でビジネスを行っている事業者向けのビジネスで拡大を狙っていると思われます。
地の利を活かすという点では、すでにアライアンスを組んでいる韓国に強いと思われます。
今後の将来性という点では、韓国以外の国に展開していくことができるかどうか、ステーブルコインが購入されるかどうかにかかっていると思います。

・公式サイト:https://terra.money/
・ホワイトペーパー:https://terra.money/static/Terra_White_paper.pdf

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブロックチェーンコラム
-, ,

Copyright© ICOポスト , 2018 All Rights Reserved.