ICO案件

仮想通貨 Libra Credit(リブラ クレジット/LBA)とは?特徴、今後の将来性について

投稿日:2018年6月19日 更新日:

Libra Credit(リブラ クレジット)とは、イーサリアムのブロックチェーンに基づいていつでもどこでもクレジットカードにオープンなアクセスを容易にする融資(レンディング)エコシステムです。
Libra Creditは、「現実のための信用」を提供するというビジョンを元に開始されました。

Libra Credit(リブラ クレジット)のプロダクト

既存のレンディング市場の不便さを解決するのがLibra Creditのサービスです。
既存のレンディングサービスは借り手側の障害となっているのは、個人情報から取得できる情報が限られていることで、信用サービスに対する障壁が高いです。複雑なKYC手続きが必要で、処理には長い時間がかかり、高い借り入れコストを支払わなければなりません。特に国をまたいで借り入れをすることは、不可能と言って良いでしょう。

レンディングのバリューチェーンを完全に網羅する幅広いネットワークパートナーシップを構築しています。AIベースのデュアル・クレジット・リスク評価計算で、担保に基づく評価と個々のクレジット・スコアリングがあります。また財源・ヘッジ流動ニーズを促進するための複数の資金源と資金を保有しています。

多様化した担保プールでは、

(1)顧客獲得のためのEウォレット:MetaMust,MyEtherWalletなど
(2)身元保障・確認の検証のためのパートナーシップ:uportなど
(3)貸し手とステーブルコインのパートナーシップ:貸し手にはプロ投資家やファンド、銀行などを想定しており、ステーブルコインにMakerなど
(4)取引所と保管人:取引所にはDDEX、Bibox、OKEX、bithumbやcoinoneなど

借り手が後から困らないように、価格のボラティリティをなくすために仮想通貨のステーブルコインのローンが利用されます。

Libra Credit(リブラ クレジット)のトークンエコノミー

Libra Creditが発行する仮想通貨は「LBA」トークンです。
LBAトークンは、ユーティリティトークンとして機能しており、Libra Creditプラットフォームにアクセスするための支払いに使用されます。
トークンのインセンティブとしては、サービス開発者やレンディングの貸し手の紹介者に対して使われます。ガバナンストークンとしての機能もあり、開発計画やプロジェクトに関するフィードバックを提供するためのアンケートに参加するためのトークンとして使われます。

Libra Credit(リブラ クレジット)の買い方・購入方法

Libra Creditを購入できる仮想通貨取引所

日本国内で購入できる仮想通貨取引所はないため、Huobi、Bibox、OKEx、Gate.ioなどの海外の仮想通貨取引所にて購入ができます。

Libra Creditのチャート

チャートはCoinGeckoCoinMarketCapなどで確認することができます。
ICOを終了してから3週間後には取引所へ上場していましたので、取引所への上場は早かったと言えます。上場してからは、価格が上昇してICO時から約2倍となりましたが、その後は徐々に下落しています。

Libra CreditのICO

ICOの期間は2018年5月1日から5日の間に行われて、目標金額の満額である$26.4M(約26億円)の資金調達を行いました。

・ウェブサイト:https://www.libracredit.io/
・ホワイトペーパー:https://www.libracredit.io/page/Libra%20Credit%20Whitepaper.pdf
・トークン銘柄:LBA
・トークンタイプ:ERC20(イーサリアム)
・トークン価格:1 LBA = 0.10 USD (0.00015000 ETH)
・目標調達額:26,400,000 USD
・プレセール調達額:14,400,000 USD
・トークン合計:31,000,000,000
・トークンセールでの発行比率:40%
・ホワイトリスト:あり
・KYC:あり
・下限/上限キャップ:0.5ETH/なし
・使用可能通貨:ETH

Libra Credit(リブラ クレジット)のチーム

2017年に設立されカリフォルニア州、サンフランシスコを拠点としています。

創業者でCEOのLu Hua氏はPaypal USでのグローバルバンキングプラットフォームのトップだったこともあり、非常に注目されています。同じく創業者でプレジデントのDan Schatt氏もPaypalでのGMだった経歴があります。

Libra Credit(リブラ クレジット)のロードマップ

・2018年3QにLibra Creditプラットフォーム(デスクトップ)バージョンがリリース
・2018年4Qにモバイルアプリのリリース予定
・2019年に他のデジタル資産や法定通貨のレンディングを可能にする
・2020年:デジタル、ファイナンシャル、法定通貨などをグローバルでのパートナーシップにより可能にします。

Libra Credit(リブラ クレジット)の今後の将来性

伸びしろがあり、ニーズのあるマーケットであることは間違いないと思います。

レンディングの市場規模、仮想通貨のマーケットはまだまだ伸び続けるようなので、期待の分野であると言えます。特に仮想通貨を使い、世界中の貸し手から手数料が安く簡単に借りれることができると良いと思います。
グローバル化が進んでおり、国境が溶けて来ている現代にとっては、現在のレンディングサービスは、時代に合わないサービスになっているように感じます。
またLibra Creditは提携サービスが多いため、ネットワーク外部性が効きやすいサービスではないかと思います。

ベンチャーキャピタルからの投資

まずはICOを実施する前に、ベンチャーキャピタルから$14M(約14億円)の資金調達を行っています。さらに、ICOでは$16M(約16億円)の資金を調達しており合計で$30M(約30億円)の資金を調達しています。
ICOのエクイティで投資をしたベンチャーキャピタルとICOで投資をしたベンチャーキャピタルがあり、BLOCK TOWER、FBG CAPITAL、BLOCK VC、500など注目されている所からも資金調達を受けています。

買うタイミング

現在、価格が減少しており、ICO時の価格からUSDベースで約1.45倍です。(2018年6月19日時点) ICOをした際の価格が、1 LBA =0.00015000 ETH でしたので、1つの目安としてはここの価格と同じラインか、これより下がった際には買い時としてみても良いでしょう。
本格的に稼働するのは2020年だと思いますので、そこまで価格は落ちていく可能性もありますので、注意していきましょう。

懸念点とすれば、同じようなプロジェクトは必ず出てくるので、そことの差別化をきっちりと見る点や、完全に潰されるのを覚悟のうえで投資をすることです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ICO案件
-

Copyright© ICOポスト , 2019 All Rights Reserved.