ICO案件

Thrive(THRT):広告マーケットプレイス

投稿日:

Thriveとは?

GoogleAdwordsによる独占を崩壊させる革新的な分散型のプレミアム広告マーケットプレイスのプロジェクトです。

Thriveの特徴・仕組み

現在、GoogleAdwordsに独占されている広告ネットワークは、高い手数料をGoogleなどの広告ネットワーク運営企業に搾取をされていて、媒体社は十分に高い収益を得られていません。これらをThriveは低い手数料にすることで媒体社は高い収益をあげることができる。また登録する媒体の審査基準を高くすることで、プレミアム媒体として認定します。媒体の審査はコミュニティが行います。それにより、広告を出稿する企業は安心して広告を出稿できるとあります。

Thriveの評価

たしかに現在のインターネット上の広告ネットワーク業界にはGoogleによる独占や高い手数料を支払われていることから、一部の媒体においては望んでいる収益をあげることができていない所もあり、広告主サイドとしては媒体の選定など細かい対応をしなければならないなどの課題を上手く捉えているように思います。
一方でこれらのプロダクトを開発するには、莫大な資金が必要であり高い技術力とマーケティングが必要となります。チームメンバーの経歴を見るには、Google、Yahoo!、Criteoなどにいたメンバーがいれば話は別ですが、そのようなメンバーは見られず実現性という観点では困難ではないかと想定します。
一方では、Twitterのフォロワー数は既に5,000人を超えており(2月5日時点)、ホワイトリストへの登録者数は20,000を超えている(2月5日時点)ことから、注目度の高さが伺えます。

総合評価 :★★
プロダクト:★★
実現可能性:★
チーム  :★
トークンエコノミック:★★
市場の評価:★★

Thriveの買い方・売り方・購入方法・取引所

下記がICOの概要です。

◆ICO概要
・ウェブサイト:https://ico.thrivelabs.io/
・ホワイトペーパー: https://ico.thrivelabs.io/documents/thrive_whitepaper.pdf
・トークン銘柄:THRT
・トークンタイプ:ERC20
・トークン価格:1 THRT = 0.31 USD (0.25000 EURO)
・目標調達額:30,600,000 USD (25,000,000 EURO)
・トークン合計:200,000,000
・トークンセールでの発行比率:53%
・ホワイトリスト:あり(2月6日まで)
・KYC:あり
・最小/最大 投資額:250 EURO / 未発表
・使用可能通貨:ETH, BTC, LTC

◆トークンセール
・2018年2月15日~2018年4月5日

◇買い方

ICOへの参加には事前にホワイトリストへの登録を済ませている必要があります。

※ICOのトークンセールに参加される方は、必ずリスクについても考慮し無理のない範囲での投資をすることをお薦めします。

Thriveの今後の将来性

現時点での将来性としては未知数です。

Thriveの相場・チャート・価格推移

現在、上場している取引所はありません。

Thriveのニュース(最新情報)

なし

Thriveのインフルエンサー・有識者によるコメント

なし

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ICO案件
-, , ,

Copyright© ICOポスト , 2019 All Rights Reserved.