ICO案件

仮想通貨 THUNDER TOKEN(サンダートークン)の特徴とは?高速ブロックチェーン

投稿日:2018年6月15日 更新日:

THUNDER TOKEN(サンダートークン)は、スケーラブルなブロックチェーンで、分散アプリケーション(DApps)の大量採用を可能にします。チームメンバーについてが注目されているようです。

Thunder Tokenの特徴

Thunderは安全で高性能なブロックチェーンです。

・互換性

Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトは完全にサポートしており、DAppsをThunderに移行することでパフォーマンスを向上させることができます。

・スケーラブル

保留されることなく、何千ものトランザクションを処理されます。

・高速

トランザクションスピードが高速で1秒以内で即座に処理されます。

・セキュア

数学的に保証されたセキュリティです。既存のブロックチェーンと同じくらい安全で、スピードや効率が大幅に向上します。

 

"slow-chain(スローチェーン)"と呼ばれる標準的なブロックチェーンの上に“fast-path(ファストパス)”を追加します。
通常はファストパスのブロックチェーンを利用しますが、ファストパスが中断された場合にスローチェーンに切り替えられます。

速い非同期パスと遅いフォールバックパス(問題があった場合に巻き戻して実行する)を組み合わせることでマシンを複製するThunderellaという新しいパラダイムです。

Thunderのコンセンサスプロトコルは、1秒間に数千件のトランザクションをショルすることが数学的に証明できています。現在のイーサリアムの処理能力が1秒間に15件程度のため、100倍以上の処理速度になると言えます。(イーサリアムはスケーリングに対策するために、「Plasma Cash(プラズマ・キャッシュ)」などの研究が進められていますので、いずれは処理能力が向上するものと思われます。)

Thunder Tokenのチーム

カリフォルニアを拠点としており、チームには、CEOのChris Wang氏はPlaydomeというソーシャルゲーム会社の共同創業者です。またAlibabaやGlassdoor、FlipKartに早期に投資をしていた方もあり、カーネギーメロン大学でphDを取られた方でもあります。

その他にも科学者の方達の経歴を見るに、かなりの技術力があるように見えます。

Thunder TokenのICO

現在は、ICOなどの情報は一切ありませんが、今後はICOなどを実施する可能性があります。
また、ベンチャーキャピタルからの資金調達を行ったという情報も出ていません。
投資を考えている方は、公式ウェブサイトの最下部の方にあるメーリングリストより登録しておき、最新の情報を受け取れるようにしておきましょう。

Thunder Tokenの最新情報

・2018年6月にテストネットを開始する予定となっています。

Thunder Tokenのインフルエンサー・有識者のコメント

 

Thunder Token 公式ウェブサイト:https://www.thundertoken.com/
ホワイトペーパー:https://eprint.iacr.org/2017/913.pdf

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ICO案件
-

Copyright© ICOポスト , 2019 All Rights Reserved.