仮想通貨コラム

【厳選】海外版の仮想通貨スマホウォレットアプリの4選!

投稿日:2018年8月22日 更新日:

日本国内にもスマホの仮想通貨ウォレットアプリはいくつかありますが、海外のウォレットアプリも複数存在しています。

日本国内の場合は、日本語対応されていることやサポートに関する安心感はあるものの、現状では資金力がそこまで多くない所が多く、ややハッキングなどのリスクも考えられます。そのため、ある程度の多額の資金を保管している方は国内のウォレットだけではなく海外のウォレットを利用することで、リスクを分散させておくのが良いと思います。

ここには紹介していない、ハードウェアウォレットやデスクトップウォレットもあるので、そちらへの分散も有効だと思います。

また国内のウォレットアプリではDAppsのブラウザに対応しているものは存在していません。DAppsのブラウザとは、現在多くあるものとしてイーサリアムのDappsとして提供されているDEX(分散型取引所)やCryptoKittiesなどのデジタルアイテムを利用することが可能です。

今回は、海外を拠点としているスマートフォンのウォレットアプリの中から、資本力が大きく比較的日本人にも多く使われているサービスに絞ってウォレットを紹介していきます。

大手がバックとなっているウォレットアプリ

coinbase wallet(コインベース ウォレット)

元々は『Toshi(トシ)』という名称でウォレットアプリを提供していましたが、アメリカの仮想通貨取引所の最大手のcoinbaseによる買収により、「Toshi」から『coinbase wallet』にリブランディングされウォレットの名称が変更されました。

現在はETH(イーサリアム)とERC20に対応しているトークン(仮想通貨)をウォレットとして利用することができ、ERC721のデジタルアイテムにも対応しています。
今後はBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)に対応する予定とのことです。

スマホアプリは、iPhone(iOS)とGooglePlayでダウンロードが可能です。

Trust(トラスト)

Trust』はマルタを拠点とした世界最大の仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)によって2018年8月に買収されました。
TrustはETH(イーサリアム)とERC20、ERC223に対応しているトークン(仮想通貨)をウォレットとして利用することができます。

DAPPSとしてDEXを利用することも可能です。

スマホアプリはiPhone(iOS)、GooglePlayでダウンロードが可能です。

ICOして多額の資金調達をしたウォレットアプリ

BRD(ブレッド)

BRD』はICO(トークンを発行)をして約32億円と多額の資金調達を行ったウォレットアプリ)です。
元々は、BTC(ビットコイン)のみを対応していましたが、BCH(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)にも対応しERC20のトークン(仮想通貨)をウォレットとして利用することができます。

 

資金調達額の大きいウォレットアプリ

ウォレットアプリを運営している企業では、VC(ベンチャーキャピタル)から資金調達を行っている所もあります。
資金調達額の大きいimToken、Vault、MyCryptoといったアプリがあります。

imToken(アイム トークン)

imToken』は、ETH(イーサリアム)とERC20に対応しているトークン(仮想通貨)をウォレットとして利用することができます。また、ウォレット内で他のERC20の通貨と交換できるなどの特徴もあります。
DAppsブラウザとしても利用が可能です。

2018年6月に発表された「直近1年間にウォレットに預けられた金額は$3.5B(約3.5兆円)」とされており、対応している仮想通貨(トークン)は3万種類を以上、ユーザー数は400万人を超えているとされています。

imToken、Vault、MyCryptoの中で、どれか1つと言えばimTokenですが、運営の母体となっているのは中国なので、ちょっと心配かもしれません。$10M(約10億円)の資金調達をしています。

 

※上記は、2018年8月22日時点の内容となります。

 

関連記事:【日本国内】イーサリアムとERC20トークン用、スマホのウォレットアプリ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-仮想通貨コラム
-, , , , , , ,

Copyright© ICOポスト , 2019 All Rights Reserved.