仮想通貨コラム

イーサリアムの創業者、ヴィタリック・ブテリンがアドバイザーの注目の2つの仮想通貨

投稿日:2018年2月12日 更新日:

 

現在、仮想通貨の中でビットコインに次いで最も時価総額が高いのがイーサリアムです。

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏が考案したものであり、イーサリアムのスマートコントラストの技術など、今やICOには欠かせないものとなっている。

そんなヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーを努めているプロジェクトが2つあるので、紹介していきます。

KyberNetwork

KyberNetworkは、DEX(分散型取引所)と決済APIの機能があります。KyberNetworkのトークンシンボルはKNCです。

2017年9月15日からICOが行われました。ICOが行われた際の価格は1KNC=0.38USDでした。現在はUSDベースで約8倍となっており今後も注目です。

 

OmiseGo

OmiseGoは、日本人の長谷川潤氏が創業者・CEOです。OmiseGOのトークンシンボルはOMGです。OmiseGoは“お店ゴー”ということでお店での決済が可能となるためのプロジェクトです。2017年1月23日にICOを行っており、ICO時の価格と比較するとUSDベースで約36倍となっています。(2018年2月時点)

OmiseGoのホワイトペーパーには、下記の記載がありました。

なぜイーサリアムのヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーになっているかというと、2015年にイーサリアム財団のDEVGRANTSイニシアチブに資金協力したことがきっかけではないかと思います。

 

現在では、上記の2つ以外にヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーになっているICOプロジェクトは確認できていませんので、この2つの価値は高まるのではないかと想定されます。また、今後ヴィタリック・ブテリン氏がアドバイザーになる新規のICOがあった場合には注目すべきでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-仮想通貨コラム
-, ,

Copyright© ICOポスト , 2019 All Rights Reserved.